2021年05月15日

第320:付き合うべきホームページ制作会社の見分け方

●付き合うべきホームページ制作会社の見分け方


こんにちは。

アムプランの田中です。



コロナ禍で大変だと思いますが、
ここが踏ん張りどころですね。



よく質問があるのですが、

アムプランさんは他のホームページ制作会社と
 どこが違いますか?


とか、

最近、ホームページ制作会社から
 頻繁に営業電話がかかってくるのですが、
 正直、どの会社が良いのかわかりません。


ということです。


そこで、「伝わっていない!」


ということで、反省をしまして

今回は付き合っていきたい
ホームページ制作会社の見極め方
について
お伝えしたいと思います。




最近聞いた話で嘘みたいな本当の話ですが、

「5年間1件も問合せがない」とか

「3年間1件も問合せがないので、
 ホームページはだめだ」


と思い込まれている方が多いというのに
ビックリしました。



そのように思うのも、
もっともなんですね。



SEO対策とかユーザビリティとか
専門用語を使いまくって、

Google対策はバッチリ。

ブランド化のなんちゃらかんちゃら。

などと営業トークを炸裂させる。



これだと

「じゃあ、誰に頼めばいいの?」

って、悩んでしまいますよね。


だって、福岡市内だけでも
ホームページ制作会社って
いっぱいありますから。



しかも、最近では、
Web制作を請け負う個人が増えてきました。




「自分の知人が作れるのでお願いした」

という会社が、増えてきています。



でも、ほとんどが、成果に繋がっていません。


なぜなら、
ホームページ制作会社には2タイプあり、
その使い分けをしていないと、
上手くいかないためです。



2タイプのホームページ作成会社。

それは、

1.マーケティング・コンサルタントタイプ

2.WEBデザイナータイプ

の2つです。


1のマーケティング・コンサルタントタイプとは、

アムプランもこのタイプです。

顧客獲得を目的としている会社です。

顧客ターゲットや、社長の思いや
経営戦略を考えた上で、
Webを最適な形で提案します。



2のデザイナータイプとは、
キレイに作ることに重点を置いている会社です。

デザインを複数パターン作り
見栄えの良いホームページを提案してくれます。




もし、
Webマーケティングに詳しくないけれども
Webでお客様を獲得したいのであれば、


「マーケティング・コンサルタントタイプの会社」

に依頼すべきです。

なぜなら、会社の新規客の獲得には、
Webのデザインが良くてキレイも、
仕事には繋がりにくいからです。



基本的に、ホームページは、
大きく2種類の情報でできています。



一つは文字(テキスト)情報、
もう一つはデザイン情報(色や写真など)です。



このうち、大切なのは、文字情報になります。

社長の思いや会社のストーリーを
表現して、見込み客に信頼していただき
共感していただかないと売れません。


見た目がキレイだからお客様を獲得できた、
という話は、25年間この業界でやっていますが、
ほとんど聞いたことがありません。


そうではなく、
会社の価値を、
どのように言語化していくか
が勝負です。



そういった言葉の表現までしっかり考えてくれる
マーケティング・コンサルタントタイプか、


それとも、「担当者の原稿」ありきで、
それに沿って、キレイに作ってくれる
デザイナータイプか。



あなたが、マーケティングや
コピーライテニングに詳しくて、
ご自身の価値を文字に落とし込めていれば、
デザイナータイプで良いでしょう。



でも、そうではなく、ご自身の価値を
言語化できていないのであれば、
マーケティング・コンサルタントタイプに
依頼すべきです。



ここで気をつけていただきたいのが、

「一見、マーケティングタイプに見える、
 デザイナータイプの会社」です。



これを、偽者マーケティングタイプ、と呼びます。


この偽者マーケティングタイプの会社は、

・SEOが必要です、当社でしっかり対応します。
・ネット広告の活用について、アドバイスします。
・ランディングページも得意なので、
 最適な提案ができます。

など、話をしてきます。



一見、マーケティングに
詳しそうなのですが、
多くの場合、マーケティングの話は全く無くて、
Webの技術・テクニックばかり話してきます。



こういった会社は、
実際に依頼すると、
結果として成果に繋がらないケースが多いんです。



偽者マーケティングタイプの会社を
見分ける為に、質問を一つしてください。


「お宅の会社のマーケティングの定義は何ですか」と。




だまされないようにしてくださいね。


繰り返しですが、
難しい専門用語を連発してくるような
偽者マーケティング会社とは
付き合わないようにしてください。



私の感覚は

マーケティングタイプが2割、
デザイナータイプ、
システム屋タイプが8割くらい。



ほとんどが、デザイナータイプです。



ホームページに詳しくない人は、
マーケティングタイプとデザイナータイプを
見極めにくいと思います。



そこで先ほどの質問に加えて

この質問をしてください。

あなたはマーケティングタイプの
ホームページ制作会社を見極められます。



その質問とは、

「あなたの作ったホームページの中で、
 成果の出た事例を
 具体的に教えて下さい。」



この質問を通じて、
あなたの成果に直結するような
ホームページ制作会社を
パートナーにしていってください。


■まとめ=====

マーケティングタイプの
ホームページ作成会社を見分ける質問は、


「お宅の会社のマーケティングの定義は何ですか」

「あなたの作ったWebの中で、
 成果の出た事例を
 具体的に教えて下さい。」


この2つです。


誤解していただきたくないのですが、
当社がデザインを無視している
というわけではありません。



ホームページ制作において
マーケティングとデザインは
車の両輪
です。


そのことを意識してアムプランは、
ホームページ制作をやっております。


福岡市のマーケティング・コンサルタント付きホームページ作成会社アムプラン



福岡市のマーケティング・コンサルタント付きホームページ作成会社(福岡市)アムプラン。あなたの会社が繁盛する為のストーリーを一緒に作ります。



posted by ヒロタナ at 15:12| マーケティング

2021年04月04日

第319:生きているということ

第319:生きているということ

ふとしたとき、谷川俊太郎さんの詩集をみます。

あなたもいかがですか。


生きる】谷川俊太郎

生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木もれ陽がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと


生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと


生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ


生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ
いまいまが過ぎてゆくこと


生きているということ
いま生きてるということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ
人は愛するということ
あなたの手のぬくみ
いのちということ


鯉のぼり


福岡市 ホームページ作成 マーケティング コンサルタント アムプラン


posted by ヒロタナ at 19:48| 日記

2021年02月03日

第318:起業を志している方へ

●起業を志している、あなた向けのセミナー(勉強会)を開催します。

3月末ごろを考えています。

会場はZOOMです。

起業したら簡単につぶれちゃダメなんです。

このセミナー(勉強会)で身につくことは、
テクニックももちろんですが、
ビジネスをやる上で、
あなたの夢を実現するに当り、
基本となる潰れようがないマーケテイングのポイントをお話します。


起業を志して挫折した。

という方も多いと思います。

しかし、それはあなたが悪いわけではありません。

教え方が悪いだけです。

あなたに合ったセミナー(勉強会)をやります。

人生は一度しかありません。

一緒に面白いことをやるつもりで、進みましょう。

このセミナー(勉強会)では、以下のことが身につきます。

(1)マーケティング的な思考法がつかめます。

  売り込むのではなく、
  ひとりでに売れてしまう仕掛け作り
  分かりますので、

  「集客しないといけない」というストレスから
  逃れることができて、心にゆとりができます。

  心にゆとりができると、
  不思議なことにお客様が集まってきます。


(2)あなたのコンセプトを一緒に考えます。

 ・お客様の絞込みの大切さ
 ・あなたのお店やサービスのPR方法

 このようなことから、
 どのようにあなたのコンセプトを
 構築していくのかのコツを教えます。

 あなたのコンセプトが明確になりますので、
 心の余裕ができて、
 夜もよく眠れるようになります。


(3)成功事例をもとに繁盛店の
   共通点をお教えいたします


 (a)お客さまをどう絞り込んでいるか?

 (b)そのお客さまが好む特典や
    商品・サービスは何か?

 (c)このお客さまだから
    この媒体(チラシ、HP、
    ミニコミ誌、・・・)なのか?

 (d)お店やあなたの会社を
    訪ねてくる理由は何?

 このようなことが明確になります。


福岡 集客マーケティングセミナー

3月末ごろを考えています。

ZOOMでの「集客マーケティング体験会」です。

質問などもお受けしたいので
少人数でやります。


8名様限定です。

お一人でもやります。

セミナー料金は、早期割引(3月15日までお申込の方)
8,000円(税込)⇒ 3,000円(税込)
セミナー時間:120分

ご興味のある方は、
マーケティングの専門家アムプランへお問合せ下さい。


ZOOMでの「起業のための集客マーケティング体験会」です。

当社は決して、売り込みはいたしませんので、
ご安心下さい。


福岡 起業のためのセミナー(勉強会)アムプラン


posted by ヒロタナ at 12:11| ZOOM集客マーケテイングセミナー

第317回●春のあしおと

タイトル●春のあしおと


コロナ禍でゆううつになる今日この頃ですが、

今年は昨日の2月2日が節分ということで
豆まきをしました。


2月2日が節分というのは、
124年ぶりということらしいです。


私は、節分は2月3日に決まっていると思っていました。
新たな知識を身につけました。



最近、梅の蕾がほころびはじめたという
便りが届き始め、やっと春の足音が近づいて
来ているようです。



昨日は「節分」でしたが、
今日は暦の上では「立春」と
気分がいい季節になりました。



節分までは鬼をよせつけないために、
柊(ひいらぎ)を飾り、
立春の日には椿をかざる・・・
という事らしいです。



なぜ柊で、立春は椿なんだろうと思い
Google先生に聞いてみると、



漢字で書くと 柊⇒椿
木へんの部分を取り払うと


冬⇒春・・・


なるほど、昔の人は粋ですね。


さぁ、もう少しです。

春の時代がやってきます。


コロナ禍を生き抜いてきた知恵を
子孫に伝えられるようになりたいと思います。


春の時代 菜の花


福岡市のマーケティングコンサルタント付きホームページ作成会社(福岡市)アムプラン。あなたの会社が繁盛する為のストーリーを一緒に作ります。起業する方向けのセミナー実施中!


posted by ヒロタナ at 11:24| 日記

2021年01月01日

第316回●あけましておめでとうございます。

タイトル●あけましておめでとうございます



あけましておめでとうございます。

2021年になりました。

いつもご愛顧頂き、ありがとうございます。


本年も『3分間哲学マーケティング』を、
何卒よろしくお願い申し上げます。




私は、福岡市の西の飯盛神社の
近くに住んでいますが、

今日の朝7時の部屋の温度が10度で
雨が降ってるせいか比較的
温かく感じます。




昨日が2020年で1日違いで
今日が2021年で、


以前は
ゆっくりして世間も休みだし
違いを感じていました。



しかし、コロナ禍において
1日の大切さを今さがながら
実感しています。




というわけで、お正月も
仕事を頑張ってくれている
ビジネスパートナーもいます。



私も仕事場でこのブログを書いています。


あなたにとっていい一年でありますように!


富士山



福岡市のマーケティングコンサルタント付きホームページ作成会社(福岡市)アムプラン。あなたの会社が繁盛する為のストーリーを一緒に作ります。起業する方向けのセミナー実施中!



posted by ヒロタナ at 11:27| 日記

2020年12月30日

第315回●ビジネスの原理原則

タイトル●ビジネスの原理原則


2020年もあっという間に
過ぎてしまいました。


あなたにとって、
また、あなたの会社にとって、
この一年はどのような
一年だったでしょうか。



コロナ禍で
いろいろな経済活動に
大きな影響が出ました。



あなたのお仕事も大きな変化が
あったのではないでしょうか。


とはいえ、

はりきっていかなければいけません。



私の場合は、
普段から仕事で事務所にいる時間が
すごく長いため、
あまり変化はありませんでした。



松下幸之助氏の本を読んだり、
歴史の本などを読んだり、
尊敬する社長の話を聞きに伺ったり
していました。



すると、気づいたのが
「ビジネスの原理原則」ということです。



きちんと「ビジネスの原理原則」を知って
丁寧にコツコツと実践していけば
2021年も「恐れず」「油断せず」
お客さまからの
信頼をつかんでいくと思います。



これからも有益な情報を発信して
行きます。



良いお年をお迎えくださいませ。

2020年年末


福岡市のマーケティングコンサルタント付きホームページ作成会社(福岡市)アムプラン。あなたの会社が繁盛する為のストーリーを一緒に作ります。起業する方向けのセミナー実施中!


posted by ヒロタナ at 19:30| 3分間哲学マーケティング

2020年11月07日

第314回●お蔭様でアムプラン創業20年


タイトル●お蔭様でアムプラン創業20年


アムプランの創業が2000年10月ですので
お陰様で20年間生かされてきました。


クライアントさんやパートナー企業には、
感謝しかありません。



やはり、きちんとマーケティングを勉強して
実践していたら生かされるんだ
ということが理解できました。




当初、このようなことで始めました。

================

私にはがあります。

クライアントさんに、
アムプランのホームページ作成&
マーケティング力で、

本業あるいは新規事業で
地域No1になってもらい、

その地域に社会貢献して
いただくこと。

すると、

クライアントさんも
クライアントさんの社員も
クライアントさんのパートナー会社も

アムプランも
アムプランのパートナー会社も
地域もハッピーになります。

================




司馬遼太郎さんの

『坂の上の雲』にも影響を受けました。



『坂の上の雲』の序文に、
次のような文章があります。




「のぼっていく坂の上の青い天に、

もし一朶(いちだ)の白い雲が
輝いているとすれば、

それのみを見つめて
坂をのぼっていくであろう」



とあります。



今も、その気持は
益々盛んです。


これからもよろしくお願い致します。

福岡の集客が得意なアムプラン 一朶(いちだ)の白い雲


福岡市のマーケティングコンサルタント付きホームページ作成会社(福岡市)アムプラン。あなたの会社が繁盛する為のストーリーを一緒に作ります。起業する方向けのセミナー実施中!



posted by ヒロタナ at 13:56| マーケティング

2020年10月03日

第313回●和尚さん曰く

タイトル●和尚さん曰く


母の七回忌を終えることができて
ほっとしています。



そのとき和尚さんが、永平寺に修行に行かれたときの話しを
していただきました。


永平寺の門前に立っていました。

雪が積もって寒い日だったそうです。

その和尚さんは尋ねられました。

「何をしにここに来たのだ」

「修行をしに参りました」


「修行とは何か?」

「・・・」

「修行とは全ての恩に報いることだ」


「恩に報いるとはどういうことだ」

「・・・」


「ご先祖様をはじめ、すべてのものに恩を感じること、
 感謝することだ」



短い時間でしたが、心が穏やかになりました。


とてもきれいな朝日を拝(おが)むことができました。


コロナ禍においても、あなたが繁盛しますように。

素敵な朝日です。

福岡の集客が得意なアムプラン 朝日

福岡の集客が得意なアムプラン 朝日

福岡の集客が得意なアムプラン 朝日

福岡の集客が得意なアムプラン 朝日

福岡の集客が得意なアムプラン 朝日



福岡の集客が得意なマーケティング・ホームページ作成会社、セミナー実践中



posted by ヒロタナ at 16:18| 日記

2020年08月24日

第312回●ルート55

タイトル●ルート55

「ルート66」は、

1926年〜1985年までの間、

イリノイ州シカゴからカリフォルニア州サンタモニカ

までを結ぶアメリカの8つの州を通過する

全長3800kmに及ぶマザーロードと
呼ばれていた道路です。


route66 ルート66


こんなご時勢なので、

ルート55で「くすっ」として頂けたらと思います。



route55


福岡の集客が得意なマーケティング・ホームページ作成会社、セミナー実践中
posted by ヒロタナ at 13:07| 日記

2020年07月23日

第311回●「失うことの恐怖について」


タイトル●失うことの恐怖について


恐怖と脳の科学」によると、

日本人の97%は恐怖遺伝子を持っている。

ということだそうです。


−−−−ここから−−−−−−−−−−−−

私たちの感じる恐怖というのは全部、
危険を察知し警戒するための恐怖なんです。


暗闇を怖がらないという事は、
周囲を警戒していないという事で、

危険を察知しているというのは
本能的な事なのです。


例えば本能的にヘビが恐くない人というのは、
ヘビに噛まれてしまう確率が高く、

それで死んでしまうとすれば
遺伝子は残りません。


その結果、

ヘビが苦手な人の遺伝子が
残っていくことになります。

−−−−ここまで−−−−−−−−−−−−



さて、ここで問題です。

考えてみて下さい。


お化け屋敷で恐怖を倍増させる
 ある言葉とは?


 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・


答えは、

「怖くない 大丈夫」です。



恐怖を感じている時に、
「恐怖を感じるな」
「想像するな」
と言われても、

逆に怖さが強まって
恐怖を増大させる効果になってしまいます。



脳の中で恐怖を抑える働きをするたんぱく質、
セロトニントランスポーターは、

遺伝子のタイプによって
量が大きく異なるのだそうで、

その量が少ない人は、
恐怖を強く感じやすいのだそうです。



「コロナ、恐くない、大丈夫」。



●失うことへの恐怖。

このような状況下でも、

わたしたちは、常に進化し続ける必要があるし、

(「進化とは居心地の悪い場所に行くこと」)

・挑戦し続ける必要があるし

・素晴らしい先輩たちの後ろ姿を見て、
 見習っていく必要があります。



とはいえ、

このようなときは、
「孤独感」を感じませんか?


このようなときこそ、

日本の素晴らしい先輩たちの後ろ姿を見て、
見習うべきだ
と思いました。


そのすばらしい先輩達は、
身近にいらっしゃれば、
その様子を伺い、


いらっしゃらなければ、
本で学ぶこともできます。



●私事で恐縮ですが、

身体はいたって健康ですが、
コロナの事が気になって

思うように仕事が進まず、
焦(あせ)りを感じていました。


まさに「失うことの恐怖」を感じました。


見えないものを失う恐怖。


別にたいしたものを
持っているわけでもないのにです。


そんな時、自問自答してみました。


・常に何かに挑戦しているだろうか?

・難問に立ち向かっているだろうか?

・考え続けているだろうか?

・知恵を出し続けているだろうか?

・素晴らしい先輩たちを
 見習っているだろうか?



このような混沌とした時代を
進化し続けるためには、

・常に自問自答する
・フィードバックをもらう

これが必要な気がした
連休の初日でした。


自問自答するということは、
自分の課題を浮き彫りにし、

何を改善すべきかを
自分自身で見直すことができます。

「このままで
 本当にいいのだろうか?」


「今の方法は
 間違っていないだろうか?」と。


自問自答を繰り返していると
不安になることもありますが、

逆に不安がなくなったらおしまいだ。

と思うようになりました。


この不安や恐怖感があるからこそ、
何をすべきか知恵を出し続け、
考え続けると思います。


いつかは人間は死にます。
(まぁ、当たり前ですが)


その日まで面白く
前進し続けたいと思います。


自然 アムプラン 田中


福岡の集客が得意なマーケティング・ホームページ作成会社、セミナー実践中

posted by ヒロタナ at 18:30| 起業を志している方へ