2018年09月17日

第273回:顧客層という概念は古いのか?

去る9月15日(土)に料理専門学校で
2時間の講義を行いました。

WEBビジネス戦略」というテーマです。

しかし、内容はマーケティングの話です。

マーケティングをしっかり身に着けていれば
早々潰れることはないと思います。


どうしてもセールス(営業)の方が
メインになっているので、
行き詰ってしまいます。


マーケティングとセールスの概念の違いも
認識されていない方が多いのではないでしょうか!?

簡単に言いますと、

セールスは、「売ること」。

マーケティングは、「ひとりでに売れること」です。

マーケティングは、「ひとりでに売れる仕組み」を
作って行く事。です。



2時間の講義が終わり、ある女性の方が質問しました


「よく顧客を細かく絞り込めといって
 性別、何歳ぐらいの人で、家族構成は、
 趣味は、といって細かくイメージが湧くように
 設定するように、と他の先生がいわれますが、
 そこんとこどうなんですか?
 何か違うような気がするんですけど」。

という質問です。


確かに「絞り込み」も必要な場合もあります。


しかし、最近は、

誰もが手元のスマホで情報を確認したり
クチコミを言い合ったりできる世の中で、
顧客層」という塊はなくなってきて、
みんなその時その時のタイミングに合わせて
買い方を考えている時代
なのではないか。
と思うようになりました。


所得が高い人も低い人も、男性も女性も、
年配の人も若い人も、場合によって
いろんな買い方をして、
顧客ごとの違いが分からなくなってきています


質問された方は、それを何となく
感じていらっしゃる
のです。

枠を超えて情報を簡単にやり取りできる
時代になっていますので、
こういうタイプの人は、
 こういう買い方をする
とは決め付けられない時代なのでは
ないでしょうか。

ということは、ターゲットとは
顧客層」というくくりではなく、
使い方」「機会」といった、
用途ごとの締めくくりの方が大事になります。


すると、例えば洋服で、自社の商品は
高額でスタイリッシュ、
ライバルのA社は低額で庶民的、
というポジションなら、
顧客層の棲み分けではなくて、

「デートや大切なパーティーの場面では、
 当社を使ってください。
 でもカジュアルに行楽地に行く場面では、
 A社がいいですよ」

と、お客さまに使い分けてもらう、
という発想になります。

すると、A社はライバルというよりも
共存関係なのです。

やはり、素朴な疑問を投げかけていただくと
自分自身も勉強になります。



お坊さんと巫女さん


福岡のホームページ作成会社アムプラン

福岡で経営者の為の繁盛セミナーはこちらへ


posted by ヒロタナ at 15:57| マーケティング

2017年03月15日

マーケティングセミナーに出席

昨日、東京に行ってきました。

福岡のダイビングショップ オーシャンビューさん
に誘っていただいて、
ダイビング教育機関PADIの
マーケティングセミナーに出席してきました。


最高に楽しいマーケティングセミナーでした。

オーシャンビュー 大堀社長、ありがとう。

PADI マーケティングセミナー

PADI マーケティングセミナー

羽田空港でビールを、うまい!
PADI マーケティングセミナー


しかし、肉体は久しぶりの東京で疲れましたぁ。
東京には学生時代も含めて7年ほど住んでいましたが、
20数年ぶりの東京でした。


午前9時なのに相変わらず、通勤ラッシュ。
品川でセミナーがありましたが、
品川駅の前では、タクシーを待つ長蛇の列。
近場まで行くタクシー料金が値下げされた
からだと思いますが。


バスはバスで、長蛇の列。

外国人が見たら、日本人は行列が好きだ、
なんて勘違いするのではないでしょうか。


年寄りや「ぎっくり腰」の人や、
病みあがりの人達には住みづらい街です。



ビジネスの人たちで、実績を出している人たちは
前向きで、会話も楽しく
付き合いやすい人たちが多い気がします。


「世界幸福度ランキング2017」では、日本は、
51位です。
残念です



日帰りでしたが、マーケティングセミナー
楽しかったのですが、
生活している人達が、なんか楽しそうではない。



私がいたころの東京とは何か違う
世の中は変化しますので、違って当たり前ですが、
違和感を覚えるのです。


この歪みが、大きくなり、
とんでもないことにならなきゃいいけど、
と前途を危惧する一日でした。


We attended PADI Marketing seminar in Tokyo.


福岡,ホームページ作成,集客,コンサルタント,マーケティング


posted by ヒロタナ at 17:13| マーケティング

2017年01月04日

第242回:決断するという事(福岡市 ホームページ作成)


あけましておめでとうございます。

若いころ桑田佳祐に似ていると言われた
アムプランの田中です。



決断するという事


以前は、よく映画を観ていました。

20代の後半の頃は、年に16本ぐらい観ていましたが、
最近は、よく観ても年に2〜3本です。




去年は、「海賊とよばれた男」を観ました。

そこで感じたのは、社長はいつの時代も
決断の連続である」ということです



決断したことを実践するというのが、
前提でお話をしています。


その決断を誤ると、一気に落ちていくと思われます。


決断するという事は、選択するという事です。


選択肢が一つしかない場合は、
それをやるしかないので「決断する」という
プロセスは省かれます。



選択肢が3つの場合は、
どれかを捨て去る必要があります。



他人のものだと勝手に捨てることが
できるのに、自分のものだと、
なかなか捨てるのが難しいのです。



ですから、決断がなかなか出来ない場合は、
自分の欲がからんでいないかを
考える必要があります。




■決断を無意識にやっていないだろうか?


選択肢が多くなればなるほど、
明確に自覚することが出来なくなります。


例えば、乳母車が18種類あったとしましょう。

18種類の乳母車をお母さんに見せた後に、
「乳母車というものを表現してみてください」と
質問しても、あらわせない。


個別具体的な乳母車は見えるけど、
乳母車というものは見えない。



抽象化されればされるほど、
目の前から見えなくなっていって
明確に察しが付くことができなくなっていくのです。




つまり、


選択肢が多くなればなるほど、
あなたの経験で無意識に決断している
ということです。



あなたも、後で「あっ、しまった
と思ったことはありませんか?



今からは、とくに2017年は、
無意識にやる部分を意識的にやる必要があります。



それを意識すると、
「ラッキーだった」という偶然の運のよさを
必然に変えられる気がします。




今年は、マーケティングもかねて
このようなことを追求していくつもりです。


20170104_450.JPG



福岡 ホームページ作成「売れる文章を一緒に作る」コンサルタント付きホームページ作成 福岡市


posted by ヒロタナ at 16:12| マーケティング

2011年01月19日

仕事の目的とは?

仕事の目的とは?
なかなか難しいテーマだと思います。

仕事の目的がハッキリしていなくても生きていけます。

それなりに売上げも上がると思います。



私はこの仕事をなぜしているんだろう?^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
このように考えていました。


あるとき、言っていることがブレる人に出会いました。

なぜ、ブレるんだろう?と思いました。

どうも、軸(目的)が無いのかなと思いました。




じゃ、仕事の目的とは何かと考えたときに、

自分の強み、得意な部分、好きなことがありますが、

その強みでどんな風にお客さんに貢献したいのか、

何を提供したいのかという部分が目的になるのではないかと思います。




極端に言いますと、その目的というのは、
お金が1銭ももらえなくても毎日やりたいと思うこと。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
これがものすごくキーワードになると思うのです。



フォーブス誌の世界長者番付でビル・ゲイツと一位を争っている
ウォーレン・バフェットという人がいます。

彼は株式投資家であり、経営者、慈善家です。

この大金持ちのウォーレン・バフェットが言いました。

お金を全部取ってもいいし、1円も払わなくてもいい。
ただ今のこの仕事をさせてくれたら。

ただこの仕事をさせてくれるのであったらお金もいらないし、
全て俺の資産を取ってもいい、そう言ったそうです。


お金のためじゃない、

お金をくれなくてもいいからやらせてくれ。

これが自分の目的のような気がします。


目的がよくわかっていない仕事というのは、
お客さんにとってそれは響かないと思うのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
仕事に対してあなたが目的を持っているだけで、

お客さんにものすごく響くと思います。



そこで、

あなたがホームページを作る目的は何でしょうか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
会社案内ですか?

競合も作っているからですか?

株主に見てもらいたいからですか?

ホームページを持っていないとカッコ悪いからですか?

それともホームページに営業をさせたいからですか?



例えば、ホームページを作る目的が「営業マンの役割」だとします。

ホームページに稼いでもらう目標を年間2400万円とします。


その目標に向かって、たくさんある営業方法で、
何がしらの方法を選び、行動しますよね。

でも、続かなかったり、途中で挫折してしまう。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
それはなぜかというと、目的を忘れてしまうからです。



つまり、目的をしっかり持つことで、
「そもそもなぜ、その目標を目指したのか?」

「なぜ、その行動(営業方法)を選んだのか?」

ということが見直しできるということです。


もしあなたが仕事を続けられなくて悩んでいるなら、

10分でいいので時間をとって、

今なぜこの仕事をしているのか

理由を考えてみてはいかかでしょうか。

ただ自分を信じて進むのみ

コンサルタント付きホームページ作成(福岡市)売れる文章を一緒に作ります。








posted by ヒロタナ at 17:56| Comment(0) | マーケティング

2010年02月27日

本当に満足した人生を送るための仕事とは?

ダイビングでフィリピンのセブ島に行って来た。

ダイビングもさることながら、こういう旅の楽しさは

異国の文化に接して元気になれるところにもある。

セブの空港に着いてホテルまで送迎バスで移動するのだが、

その道程で長屋が並ぶ。セブも貧富の差が激しいのだ。

日本の昭和20年代だろうか。

私もその年代は知らないが昔のドキュメントなどで

映像で見たことがあるので、なつかしい気がする。

私たちから見ると明らかに貧しい生活だが、

子供たちの目はイキイキしている。

小さな子供は、母親が慈しみ(いつくしみ)笑顔がある。

何でだろうと思ったら、80%がキリスト教らしい。
セブの教会

治安もそれで守られている。

昔の日本もすばらしい治安だったらしい。

なぜか、新渡戸稲造著の「武士道」に書いてあるが、

新渡戸さんが留学されていた時に、ある人から次のように質問された。

質問「あなたのお国には宗教教育は無いと
   おっしゃるのですか」

新渡戸「ありません」

質問「宗教なし! どうして道徳教育を授けるのですか」


私も宗教はあまり意識して生活したことはないが、

軸がない今の日本はどうだろうか。

日本はこれから益々治安が乱れると思う。

先だって、クライアントさんに至急、書類を送る必要があって、

日曜だったのでメール便を頼もうと思ってコンビニを訪ねた。

すると、店員さんが片言の日本語で

「よく分かりません」といって日本人のアルバイトさんを呼んだ。

その「よく分かりません」といった人は中国人らしい。

私があしたまでにこの書類を送りたいが着きますか。というと

その日本人のアルバイトさんは、また年配の方を呼んだ。

その年配の方は、日本人だ。

「今日の最終のメール便が行ってしまったので、

近くに宅急便の営業所があります。そこだと間に合います」

と教えてくれて、地図まで書いてくれた。

そのとき、日本人のアルバイトさんは作業を休んで、
そのやり取りを見ていた。

きっと、この日本人のアルバイトさんは、私みたいな人が来たら、

親切に対応するだろうなぁと思った。

すると、またこのコンビニに来ようと思うのが人情だ。

ところが中国人は、もくもくと缶コーヒーの在庫を数える

作業を続けていた。

中国人ばかりでなく、日本人もこういう人は多くなった。

東京のコンビニでは、アルバイトさんは中国人ばっかり。と

聞いていたが、福岡のしかも私の家の近くの田舎のコンビニにも

そういう風が吹いてきたかと驚いた。

日本人はどこに行ったのだろう?

利益の最大化ばかりを目指した結果、

行き着いたところがここか。

これで、コンビニのオーナーは満足なのだろうか?

幸せな人生だろうか?

自分が死ぬ時に「いい人生だった」といって死ねるだろうか?

たぶん、この様なことは誰も望んでいないはずだ。

本当に満足した人生を送るための仕事。

これをクライアントさんと共に考えて行きたい。

posted by ヒロタナ at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング