2012年05月23日

第125回:光化学スモッグ

去る5月7日に福岡市西部(早良区、西区)に

光化学スモッグ注意報!」が発令された。


最近は中国大陸の工場などから

排出された窒素酸化物が偏西風に乗って

運ばれてくる。



私は、

ドライブ気分で車の窓を開放して走っていた。


それが原因かどうかはわからないが、

喉(のど)が痛く、セキが止まらない。

レントゲンや血液検査しても、

風邪ではなさそう。

2週間経った今もまだ調子が悪い。



日本経済は1973年の

第1次石油危機(オイルショック)まで

高度経済成長を続けてきた。



1973年、その頃は私は学生で東京にいた。

大気汚染がすごくて、空気がきたなかった。

今考えてみると、この日本の光化学スモッグが

どこかの国の人々を苦しめていたのかもしれない。




それから35年後、中国からの「越境汚染」が

私たちを苦しめている。



歴史は順繰り回っている。



こうなれば、一つの国の問題ではない。


地球全体で考えないといけないことを痛感する。


身をもって体験しないと分からない。

グローバルな視点から考えられるためには、

痛い目にあわないと気づかない自分の愚かさを

痛切に感じた今日このごろである。



じゃ、どう行動するか?


パッション(情熱)を持って前進するのみ。





福岡 ホームページ作成 「売れる文章を一緒に作る」コンサル付きホームページ作成 福岡



posted by ヒロタナ at 22:12| 日記