2021年02月03日

第317回●春のあしおと

タイトル●春のあしおと


コロナ禍でゆううつになる今日この頃ですが、

今年は昨日の2月2日が節分ということで
豆まきをしました。


2月2日が節分というのは、
124年ぶりということらしいです。


私は、節分は2月3日に決まっていると思っていました。
新たな知識を身につけました。



最近、梅の蕾がほころびはじめたという
便りが届き始め、やっと春の足音が近づいて
来ているようです。



昨日は「節分」でしたが、
今日は暦の上では「立春」と
気分がいい季節になりました。



節分までは鬼をよせつけないために、
柊(ひいらぎ)を飾り、
立春の日には椿をかざる・・・
という事らしいです。



なぜ柊で、立春は椿なんだろうと思い
Google先生に聞いてみると、



漢字で書くと 柊⇒椿
木へんの部分を取り払うと


冬⇒春・・・


なるほど、昔の人は粋ですね。


さぁ、もう少しです。

春の時代がやってきます。


コロナ禍を生き抜いてきた知恵を
子孫に伝えられるようになりたいと思います。


春の時代 菜の花


福岡市のマーケティングコンサルタント付きホームページ作成会社(福岡市)アムプラン。あなたの会社が繁盛する為のストーリーを一緒に作ります。起業する方向けのセミナー実施中!


posted by ヒロタナ at 11:24| 日記