2018年06月01日

あらためて思うこと


歯につめていたものが取れた。

だから歯医者にいった。

今まで数十年お世話になった歯医者さんが
75歳で辞められたので、違う歯医者さんに行った。

そこで、神経を抜いてそれが引き金になり
とんでもない痛い状態になり、総合病院で
血液検査やMRIやら検査してもらった。


菌が体のどこかにいいたずらしているか心配だったが
おかげさまで大丈夫だったので「ほっ」としている。

そこで改めて思ったのは今更でもないが歯は大切だという事だ。

大丈夫そうな歯もぼろぼろになっている。
虫歯だけではなく、歯の根元が折れてたりする。

仕事だと年をとるほど経験が重なり
それを生かして出来ることも増えていくものだが
歯は年をとるにつれ若い頃より出来ることが減ってくる。

例えば、りんごをむしゃむしゃ食べていたのが、
最近は恐る恐る食べている。


仕事は嫌なことをしていないとか、
好きな人と会うとか、ある程度自由にやっているが、
歯は好きな物を食べるのも、歯にいいものを食べるにしても
仕事より不便を感じている。

もっと年をとったら、仕事も歯もぼろぼろだと大変だ。

気持ちよく仕事をするためには、
歯も体もメンテナンスを怠らないという事に
気づかされた気がする。


20180601-500.JPG
風を感じる犬

posted by ヒロタナ at 11:15| 健康