2016年07月22日

第232回:セミの抜け殻(福岡市 ホームページ作成)

セミの抜け殻が、家の柱にあった。

セミの抜け殻 蝉脱(せんだつ)

セミの抜け殻のことを蝉脱(せんだつ)

ということを覚えていた。

意味が確かでなかったので、

インターネットで調べてみた。

1.セミ(蝉)の抜け殻。
  うつせみ(空蝉)。
  転じて、外見だけで中身のないこと


2.俗世間から抜け出すこと。
  俗世間から抜け出して、超然としていること
  蝉蛻(せんぜい)


とある。


外見だけで中身のないこと

この解釈は、
外見に失礼だろうぅぅぅがぁ
といいたい。(笑い)


外見、つまりは
セミの抜け殻」君は、
どうどうと存在を主張している。



漢方薬になろうが、

飾り物にされようが、

そのままほっとかれて、
存在が土に帰ろうが



文句を何一つ言わず、
愚痴も言わず
反応もせず
そこにじっとしている。




福岡 ホームページ作成「売れる文章を一緒に作る」コンサルタント付きホームページ作成 福岡市


posted by ヒロタナ at 21:53| 日記