2017年06月19日

第251回:ライトノベル(福岡市 ホームページ作成)

こんにちは。

若いころ桑田佳祐に似ていると言われた
アムプランの田中です。



最近の若い人は字を読まない
という人がいた。


僕は、「そうかな、携帯小説は読んでいたぞ
と思いながら、調べてみた。


調べてビックリなのが、
字を読まないなんてとんでもない。


ライトノベルというものがある。

僕自身は、ライトノベルという小説があるという事は
聞いていたものの、ほとんど知らなかったので
調べてみた。



ライトノベルとその他の小説の境界は曖昧であり、
そもそもはっきりとした定義を持たないことから、
「ライトノベルの定義」についてさまざまな説がある。


ライトノベルを発行しているレーベルから出ている、
出版社がその旨宣言した作品、マンガ・萌え絵の
イラストレーション、挿絵を多用し、登場人物の
キャラクターイメージや世界観設定を予め固定化している、
キャラクターを中心として作られている、
青少年(あるいは若年層)を読者層に想定して執筆されている、
作者が自称する、など、様々な定義が作られたが、
いずれも客観的な定義にはなっていない。


とある。

分かりずらいので、
実際に手にとって見た。


西尾維新著の「傷物語」だ。

福岡市, マーケティング, ホームページ作成, 経営者, セミナー, コンサルタント, 福岡, ライトノベル

きれいな箱に入っている。

1,300円也。

中身も挿絵だらけで漫画みたいになっていると思っていた。

ところが、ビックリ。
中身は字がいっぱいで、挿絵が一つもない。


また、会話が意外に多かった。

例えば、

僕は適当に答えておくことにした。
「宇宙人の友達に聞いたんだよ」
「え? 阿良〃木くん、友達いるの?」
宇宙人がいるかどうかを先に訊け!


このような会話が多いのだ。

字が詰まっていないのもあるが、
読みやすい。


〈物語〉シリーズ」は、『化物語』を始めとする、
西尾維新による小説シリーズ。と解説されている。



これは、アニメ化されているらしい。

売れているのかな、と思ったら、
な・な・なんと、
23位で物語シリーズとして450万部



一位は、
とある魔術の禁書目録」。


35巻発刊されていて、1500万部。
1巻当たり42.9万部。


マーケティングの本などは、
売れている本で100万部行くだろうか。


ピース又吉さんの『火花』が、250万部ぐらい。

いかに凄いかわかる。

気になったことがある。

西尾維新さんは、
何をインプットにしているのだろうか?




福岡市, ホームページ作成, セミナー, 集客, コンサルタント
posted by ヒロタナ at 10:44| 文化

2017年06月18日

第250回:経営者さんとの勉強会(福岡市 ホームページ作成)


去る6月17日に、

経営者の方達と勉強会を行いました。
第55回目です。

月に一度の経営者・起業家向けの勉強会です。


勉強会の名前は、「我楽多結クラブ」です。


運営は、

福岡市を中心に集客のコンサルタント、そして
福岡市 儲かるホームページ作成 のプロ
アムプランの田中宏之
」と



福岡を中心に人材育成研修をなさっている
熱血マナー講師の山田真由美さん
」との


コラボレーション運営です。



今回のテーマは、

成功哲学を哲学する』です。



以前から疑問に思っていたことがありました。

それは、

多くの人が成功哲学の本を読んでも、なぜ成功しないのか?」。

ということと、

自分を変えたくて、自己啓発の本を読んでも

なぜ、変えることが出来ないのか?


ということでした。


今回は、

どうしたらビジネスで成功できるのか」。

また、

成功する人達と失敗する人達とを

 分ける要因はなんなのか」について明らかにしたい、

ということでもありました。



そのためには、稲盛和夫氏の「フイロソフィ」を
参考にしながら、利他主義の本質に迫ってみました。



この利他主義の本当の意味を理解できたら
成功できるのだと確信しております。



我楽多結クラブの目的でもあります
新しいことに楽しみながらチャレンジできる
 心持にして差し上げる」というところにつながります。


※田中の「成功」の定義

身体が健康で善き想いをもって、社会貢献する為に
仕事をし続けること。


福岡市,集客,コンサルタント,マーケティング,セミナー,人間関係,経営者勉強会,成功哲学


毎回、懇親会をやっています。

懇親会の場所は、福岡市中央区にある
海鮮居酒屋「洗濯船」でした。


福岡市,集客,コンサルタント,マーケティング,セミナー,人間関係,経営者勉強会,成功哲学

懇親会の話題は、

社内恋愛の対策

■筋トレと精力の関係

なぜCAのステータスをあげたのか?

■男性脳と女性脳は環境?
 それとも脳の違い?


愛妻家が浮気する理由


今回も楽しい酒が飲めました。

みなさんの笑顔に乾杯です。
ありがとうございます。


経営者勉強会「我楽多結クラブ」に
ご興味がある方

「我楽多結クラブの件で・・・」
とおっしゃってください。
今すぐ、ここをクリック!


我楽多結クラブの目的
経営者は孤独だ。とよく言われますが、
その孤独を楽しめたり、また、
この変化の激しい時代を生き残るために、
新たなチャレンジをする必要があります。
そのチャレンジを、
楽しみながら出来るような心持に
してさしあげること。


これが目的です。

すると、
日本の社会を楽しくするリーダーが増えて、
みんなが幸せになります。
「日本の社会を楽しくするリーダーになりましょう!」
ということです。


こんなふうにも思っています。

「気の合う経営者と「トコトン付き合い」
 辛い時、ただ寄り添って
 あげているだけでも力になれる、
 そんな存在になりたい。



経営者勉強会「我楽多結クラブ」に
ご興味がある方

「我楽多結クラブの件で・・・」
とおっしゃってください。
今すぐ、ここをクリック!


posted by ヒロタナ at 15:54| 経営者の勉強会(土曜編)

2017年06月04日

第249回:万年筆(福岡市 ホームページ作成)

こんにちは。

若いころ桑田佳祐に似ていると言われた
アムプランの田中です。


いつもだと天気がいいのでテニスでもやろうかな。と
思うのだが、昨日、飲みすぎたので
You Tube の「Fly me to the moon 聴き比べ」を聞きながら
ゆったりと過ごしている。



なぜか分からないが、筆記具には、こだわるほうだ。

依頼いただいたホームページ用の
ストーリーを書くときは、すらすら書きやすい
JETSTREAM」のボールペンを使う。


机上用のノートに大事なスケジュールを書くのは、
モンブランの万年筆で書く。


福岡 ホームページ作成の際にストーリーを書くとき モンブラン万年筆


インクの色もこだわりがあり、
ROYAL BLUEなのだ。

福岡 ホームページ作成の際にストーリーを書くとき モンブラン万年筆 インク ROYAL BLUE



この万年筆は、MONTBLANC-No.22といって、
1960年代に作られた古いやつだ。

福岡 ホームページ作成の際にストーリーを書くとき モンブラン万年筆


この万年筆には思い出がある。

親父が使っていたものだ。

親父は仕事一筋で、そして、ハイカラ好き。
背広の下には白のワイシャツ、
そして、必ずカフスボタンをしていた。


その親父は、私が20歳の時に亡くなった。

それから、時が経ち、なにげなく開けた箱の中
4本の万年筆があった。


その中の一本がMONTBLANC-No.22だ。

他の万年筆よりも、きわめてシンプルだ。

装飾もないからかどうか分からないが、
飽きがこない。


親父は何を書くときに、この万年筆を
使ったのだろう。


きっと、大事な書類を作る時に使ったのかもしれない。

だから、私は実現したい大切なスケジュールを
書くときだけ
に使う。




もう一つ大切にしているものが、
WATERMANのボールペン

福岡 ホームページ作成の際にストーリーを書くとき WATERMANのボールペン


これは、大切な人から頂いたものだ。

このボールペンの出番は少ない。

ここぞというときの打ち合わせにしか
持って行かないからだ。



さて、「Rick Hale & Breea Guttery
Fly me to the moon」、
Michael Buble-Quando Quandoを聞きながら
今からスケジュールでも書くか。




福岡 ホームページ作成「売れる文章を一緒に作る」コンサルタント付きホームページ作成 福岡市

posted by ヒロタナ at 13:12| 日記